乱心タウン (幻冬舎文庫)

新品価格
¥946から
(2017/11/18 17:07時点)



内容(「BOOK」データベースより)
紀ノ川康樹は超高級住宅街の警備員。資産はあるがクセもある住人達を相手に、薄給にもめげず、万全のセキュリティのため日々仕事に邁進していた。ある日、パトロール中に発見した死体を契機に、康樹は住人達の欲望と妄想に巻き込まれていく―。閉鎖的な空間で暮らす人々の視野が歪に変貌していく様を鋭く描いた痛快エンターテインメント小説。
651ページに若干、読み始める前は躊躇してしまった。

最近読むペースが遅いもんでね。

予想通りに中盤になるとコイツ誰だっけ?
っていうことがやっぱりありましたね。

舞台はセキュリティばっちりの高級住宅街の「マナトキオ」
一般世間からみると所謂成功者達が住む街。

序盤は重い内容だったはずなんだけど、
後半にかけてだんだんコミカルになっていったような感じ。

自分は「マナトキオ」に住んでいる成功者だ。

自分たちが絶対だ。
一般庶民とは違う。
驕りと勘違いと閉鎖された空間で
住人たちの思考が極端になっていく。

もうこのあたりは怖いやら、苦笑いです。

一番厄介だった岩崎直次郎なんかは、
とんでもないことになってる。

中古で買ったマンションに住んでいる
私も勘違いできる身分になってみたいものですが・・・。

山田宗樹作品らしいパラレルワールド的な内容でした。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
 ↑ポチッとお願いします↑
スポンサーサイト
2017_11_18


使命と魂のリミット (角川文庫)

新品価格
¥761から
(2017/10/22 22:59時点)


内容(「BOOK」データベースより)
「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる帝都大学病院。「隠された医療ミスなどない」と断言する心臓血管外科の権威・西園教授。しかし、研修医・氷室夕紀は、その言葉を鵜呑みにできなかった。西園が執刀した手術で帰らぬ人となった彼女の父は、意図的に死に至らしめられたのではという疑念を抱いていたからだ…。あの日、手術室で何があったのか?今日、何が起こるのか?大病院を前代未聞の危機が襲う。

さすがの安定感!

相変わらず読みやすい。

全て通勤電車の中で読み終りました。

落ち着いて読まないと頭の中に入ってこない作品もあるけれど、
吊革につかまりながらでもサクサク読んでしまいました。

西園教授に対して自分の父親を手術中にわざと
失敗したのではないかと疑念を持つ研修医の夕紀。

復讐を企てる譲治と利用される看護師の望。

疑念と復讐が交差する最後まで目が離せない
大病院で起こるミステリーでしたね。

夕紀の父親の言葉で
「人間は生まれながらに使命を与えられている」

・・・だそうです。

念のため調べてみた。

与えられた重大な務め。
責任を持って果たさなければならない任務。

じゃあ自分の使命は?

深く考えるのは止めておきましょう。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
 ↑ポチッとお願いします↑
2017_10_22


黒い春 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥782から
(2017/9/24 22:08時点)


内容(「BOOK」データベースより)
覚醒剤中毒死を疑われ監察医務院に運び込まれた遺体から未知の黒色胞子が発見された。そして翌年の五月、口から黒い粉を撤き散らしながら絶命する黒手病の犠牲者が全国各地で続出。対応策を発見できない厚生省だったが、一人の歴史研究家に辿り着き解決の端緒を掴む。そして人類の命運を賭けた闘いが始まった―。傑作エンタテインメント巨編。

グレート・ムタを思い出してしまった(#^.^#)

毒霧攻撃を彷彿とさせるように、
口から黒い粉を吹きだして絶命!

但し、毒霧攻撃とは違い黒い粉を
浴びせられた相手にはダメージはなし。

こんな謎の感染症だけれど全国規模では、
インフルエンザや他の感染症より犠牲者数が
少ないから厚生労働省が対応しない。

だから余計にリアリティーがあったよね。

身近な人の感染、古代の歴史の謎、嫉妬に狂った人。

徐々にくる恐怖にどんどん引き込まれて、
読むのが止まらず休みの日の
午後にほぼ一気読みでしたね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
 ↑ポチッとお願いします↑
2017_09_24


ツナグ (新潮文庫)

新品価格
¥680から
(2017/9/19 23:04時点)


内容(「BOOK」データベースより)
一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、失踪した婚約者を待ち続ける会社員…ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、何をもたらすのだろうか。心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。

この作家さんの作品の多くは、
映画化や多分テレビドラマにもなっているんだろう。

そんなに有名な作家さんなのにも関わらず、
本作品が初読み!

今回読んだ「ツナグ」は特に有名な作品でしょう。

一生に一度だけ死者と再会を叶えてくれる使者。
その使者によって様々な人が再会を果たす連作集。

読んだ人の大半が自分だったら誰に会いたいかなんて
思ったりしてしまうんじゃないのか。

そう!
私の当然考えたりしてしまいましたね。

今はさしあたって思い当たらないけど
仮にものすごく大好きで会いたい人物がいて、
会ってくれるとなったら・・・。

会ってくれた人物に本当は、
クサイから大嫌いだった。
なんて告白されたら
嫌だな~って考えてしまった。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
 ↑ポチッとお願いします↑
2017_09_19


下町ロケット2 ガウディ計画

中古価格
¥1から
(2017/9/10 13:45時点)


内容(「BOOK」データベースより)
ロケットから人体へ―佃製作所の新たな挑戦!前作から5年。ふたたび日本に夢と希望と勇気をもたらすエンターテインメント長編!!

今更だけど、読んでしまった。

テレビドラマを毎週ガッツリ観ていて
内容も知っていたのにもかかわらず
読んでしまった。

ロケットバルブの下町ロケットを
読んだ時はドラマ化される前だったので
こんな事は無かったんだけれど。

佃は阿部寛。
殿村は落語家さん(名前忘れた)。
他の社員も皆出演していた俳優さんの顔で
脳内で再生されてしまう。

貴船教授は世良正則でサヤマ製作所の椎名は
小泉幸太郎にどうしてもなってしまう。

ドラマの影響ってすごいね。

ただ、貴船教授と佃製作所を裏切った中里の
後日談的な内容は、ドラマのなかでは
無かったかも・・・。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
 ↑ポチッとお願いします↑
2017_09_10


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

プロフィール

RYO

Author:RYO
ブログ4年目の父ちゃん
性別:男
年齢:そこそこ
読んだ小説を記録して
おきたくて始めました。

検索フォーム

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
 ↑ポチッとお願いします↑

訪問者数

現在の閲覧者数:

ランキング




page
top